Raspberry Pi 4とTinker Board Sの比較試聴レビュー。Volumio2を使用 ラズパイオーディオ

音響機器&家電
スポンサーリンク

今回は、Raspberry Pi 4 Model B/4GBとTinker Board Sの比較試聴してみました。

Raspberry Pi 4 Model B/4GB とTinker Board S

以前にraspberry pi 3bとTinker Board Sの比較試聴をした結果、Tinker Board Sの方がより高音質でした。

そこで今回は、raspberry pi 4 Model B/4GBとTinker Board Sの比較試聴をしてみました。
試聴するにあたり条件を揃えようとしましたが、ケースと電源ケーブルが違いますのでご了承願います。

Raspberry Pi 4 Model B/4GBがUSBタイプ C ケーブル。
Tinker Board Sがマイクロ USB ケーブルの仕様となっています。

楽曲は、CDからリッピングしたWAVEファイルをmicroSDカードにコピー。
そのmicroSDカードをカードリーダーに差し込んでから、USBポートに差し込み使用をしました。

接続するDACは、SMSL SU-8を使用。

それでは、Raspberry Pi 4 Model B/4GBを試聴してみます。結果から書きますとTinker Board Sより高音質でした。

具体的に説明しますと、SN比の向上により解像度と分離に優れ、音本来の情報が鮮明に表現されています。

音に付いていてた付帯音が減少、それにより高域の表現力の向上が感じられます。音質的に重厚感は控えめになる傾向があります。いわゆるHiFi的な高音質と言えるでしょう。

ここで、どれほど言葉を尽くしても音質は伝わりません。一度、Raspberry Pi 4 Model B/4GBの音質を試聴して下さい。この音質に好き嫌いはあると思いますが、高音質と感じられるでしょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
音響機器&家電
管理人をフォローする
ふたあいラボ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました