NFJ FX-AUDIO DAC-X6JのオペアンプをOPA627AUに載せ替えて試聴する。

音響機器&家電
スポンサーリンク

NFJ FX-AUDIO DAC-X6JのオペアンプをOPA2134からOPA627AUに載せ替えをしました。オペアンプとは、微弱な信号を増幅することが出来る集積回路 になります。これを替える事によって音質が変化します。

DAC-X6Jのオペアンプの最適解は、OPA627との意見が多い。安いオペアンプを何種類か購入しても良いのだが、オペアンプを差し込むソケットが頻繁な抜き差しには対応していないので、一度の載せ替えで決めようとOPA627AUを購入。

今回載せ替えたオペアンプは、Texas Instruments社のオペアンプOPA627AUを8PinDIP変換基板に2個両面実装したものです。 DAC-X6Jは、2回路必要ですので2個両面実装したものが必要になります。

OPA627は偽物が出回っており、購入する際には注意が必要です。

間違ってもAliExpressなどの
中華サイトで購入してはいけません。

信頼出来る購入先は「しろくま製作所」「NFJ」などです。写真のオペアンプOPA627AUは、ヤフオクで購入。抵抗値実測済みとあったので信頼した。OPA627AUと偽物の違いがわからないなら、

「オーディオやめる」

そんな事を思いながら視聴する。想像していたよりは変化しない。良くはなっているからエージングが必要なのかと数日使ってみると、高解像度の音質に変化した。高域には独特の綺麗な表現があり魅力的な音質だ。最適解との意見が多いのも納得。

まとめ

少々値が張るが、良いオペアンプだ。載せ替えをするなら最有力候補だろう。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました