daphile PCオーディオを導入。インストールとシステム構築に苦戦した話。

音響機器&家電
スポンサーリンク

Daphileは、オーディオファンクラスの音楽サーバーおよびプレーヤーOSです。必要なPCの要件は、ディスク空き容量2GB以上、メモリ512MB以上のx86ベースのPC。ARMベースのラズパイなどは使えません。

LattePandaのようなワンボードコンピューターでシステムを構築している方が多いのかな。


今回は、中古のノートパソコンを用意してシステムを構築する事にしました。
LattePandaのようなワンボードコンピューターにするとモニターが必要だしね。

用意したノートパソコンは、HP PROBOOK 450 G1。
2014年製 intel Core i3 4000M搭載。中古で1万弱でした。
USBメモリーにDaphileをインストールするならHDDなしでもOK。


それとは別に設定用のパソコンとUSBメモリーを2個用意しました(4GBと16GB)
2個USBメモリーを用意したのは、DaphileのインストールをHDDではなくUSBメモリーにするからです。

Daphileのインストールですが、「PCで音楽」のサイトを参考にさせていただきました。
わかりやすい親切な解説です。

Daphile 驚きの高音質 
「Daphile」 はLinuxベースのソフトで、完全無料、シンプルで高音質です。 VoyageMPD や LightMPD 以来のLinuxですが、Windowsベースのものも含めて、これまでの高音質とは次元の違う音です。余計な付帯音が消え見通しが良くスカッと抜けて本当...

上記のサイトを参考にDaphileインストール用のUSBメモリーを作成したら、Daphile用のノートパソコンのBIOSの設定を変更します。


HP PROBOOK 450 G1のBIOS画面の入り方は、

1、コンピューターの電源を入れてすぐに Esc キーを押し、[スタートアップメニュー] が表示されるまで繰り返し押します。

2、F10 キーを押して BIOS セットアップ ユーティリティを開きます。

 

上の段の詳細設定を開きます。



ブート順序を変更。一番上にUSBハードドライブを持ってきます。



上の段からメインを選択。変更を保存して終了。



Daphileインストール用のUSBメモリーと空のUSBメモリーをDaphile用のノートパソコンに差し込んで電源を入れると上記の画面が出ます。「F1」を押します。




画面が固まり動かなくなりました( 一一)
無線LANを使ったインストールだと割とよくある事のようです。



仕方がないので有線接続でインストールをやり直します。
有線接続でインストールしてから無線LANに設定変更可能です。


インストール先を選択する画面が出ました。空のUSBメモリーを選択します。
選択を間違えるとデータが消去されるので十分注意して下さい。



また、画面が固まり動かなくなりました(´Д⊂
スマホアプリの「Fing」でみるとインストールの途中で有線接続の通信が切れてる・・・。

仕方ないので設定用のノートパソコンを使ってUSBメモリーにインストール。
その後、DaphileをインストールしたUSBメモリーを
HP PROBOOK 450 G1に差し替える事にしました。


設定用のノートパソコンを使用してDaphileをインストール。
相変わらず無線LANを使用すると画面が固まり動かなくなりましたが、
有線接続だと問題なくDaphileをインストール出来ました(^^♪


自分で迷ったところは、
1、右下のプルタブで音声出力を選択する。
2、左上の「Audio Player」から曲を選択して再生しないと音が出ない事。
3、左上の「File Manager」からだと手元のパソコンやスマートフォンから再生される事。



「Audio Player」から、曲の入っているフォルダをクリックしてオレンジ色にしてから
プラスマークを押すとフォルダ内の曲が右側のプレイリストに表示されます。
その状態で右下の変なマークを押すとプレイリスト内の曲がRAMディスク再生モードになります。

パソコンの性能にもよるでしょうが、CD1枚分のデーターで1分弱くらい待たされました。
同じ手順でフォルダ内の曲の追加も可能。1曲でも単位もOK。

有線接続でインストールしたので無線LANに設定変更をしました。
下記のサイトを参考に設定すると簡単に変更出来ました。

【Daphile】DaphileがインストールされているPCを無線LAN接続(Wifi接続)でネットワークへ繋ぐ設定方法 - ベポくまブログ

当環境では、有線接続から無線LANに変更するとIPアドレスも変更されました。
IPアドレスを打ち込んでDaphileにアクセスしていた場合は、IPアドレスの変更が必要です。

これでDaphileの再生環境が完成となりした。

再生環境を作成するのに1日費やしました。
正直、敷居は高いと思いました。
自信のない方は、PCに詳しい方に再生環境の作成をお願いした方が良いでしょう。

話が長くなったので音質評価は次回にします。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました